ポテンシャリング(潜在技法)

<快適な生活(コンフォートライフ)のために>

人間は誰もが快適に生きていきたいものです。しかし、ストレスフルな毎日を過ごす現代人は、その快適な生活(コンフォートライフ)をなかなか手に入れることができません。ポテンシャリングは、脳と身体から人間の快適な生活にアプローチする方法です。そして、快適になると、その人のポテンシャル(潜在性)が引き出され、人間は最大の能力を発揮すると考えます。その方法論の一端は拙著『東洋医学と潜在運動系』をご覧ください。

 

<ボディエコ(力の温存)>

ポテンシャリングでは、最小のエネルギーで最大の効果を発揮できる脳身体づくりを目指します。脳や身体も重要な時に動かなければいけませんが、その時にエネルギーが枯渇していては、その働きが出ません。ポテンシャリングでは、エネルギーが枯渇しない身体づくり(エコボディ)、ボディエコを目指しています。

 

<誰もが簡単にできるメソッド>

ポテンシャリングは、老若男女、誰もが簡単にできる方法で、主にボディからアプローチします。

身体の表層を緩ませ、脳の深部やインナーマッスルを活性化させ、深部から強い力を引き出し、「外柔内剛」の状態を体現します。

 

<仕事の能力発揮>

ビジネスの現場では強いストレスがかかります。ストレスを受けると身体が硬くなり、その能力が発揮されにくくなります。そのストレスを取り去り、脳と身体の能力発揮をしていくのがポテンシャリングです。ポテンシャリングの仕事面での能力発揮は、ライフイノベーションメソッドにて公開しています。

 

<高齢化社会のために>

ポテンシャリングは主にインナーマッスルと脳にアプローチし、生涯、能力発揮できる身体づくりを目指します。老年期でも身体能力が温存されるために、ポテンシャリングはボディエコを推進していきます。

 

<トップアスリートのために>

トップアスリート用ポテンシャリングは、高度なパフォーマンスを発揮するための方法を提供しています。以下の資料をご覧ください。